タイ、オミクロン株の感染拡大の影響により、入国制限を強化へ

出入国情報(海外)

2021年11月1日以降、ワクチン接種済の渡航者に対して隔離措置なしの入国を許可したタイ政府ですが、オミクロン株の感染拡大の影響により、12月22日より再びタイ入国を制限する施策を発表しました。在タイ日本国大使館が発表した情報はこちらを参照してください。

検疫隔離を免除する施策は「Test & Go」と呼ばれ、所定の条件を満たし「タイランドパス」を申請・登録すれば、隔離措置なしでタイへ入国することが可能でした。今回、この「Test & Go」システムを利用したタイランドパスの新規申請を中止します。タイ政府では2022年1月4日まで感染状況の推移を見守り、中止措置の継続するかどうかを見極める予定です。詳しい情報はタイ国政府観光庁のホームページを参照してください。

12月21日までにタイランドパスの申請を行い、許可を得た渡航者はタイへ入国することが可能です。ただし、タイへ入国する際には、タイ政府が指定した隔離施設で7日間の検疫隔離が義務化されます。また、従来の入国直後のPCR検査に加えて、入国後5日目もしくは6日目に再度PCR検査を受ける必要があります。2回目のPCR検査費用はタイ政府の負担になります。

プーケット・サンドボックスプログラムを除く、サンドボックスプログラムもTest & Go同様に、12月22日より新規受付が一旦停止されます。

日本の水際対策。変異株(オミクロン株)の発生に伴い、宿泊施設待機指定対象国が増加傾向に

海外渡航情報は絶えず変化しています!

新型コロナウィルス感染状況の変化により、日本のみならず、世界中の国々が頻繁に隔離政策や出入国情報を変更・訂正しているのが現状です。当サイトでは最新の情報をお伝えするべく、日々情報の更新を行うよう努めておりますが、各国政府の政策発表がその更新スピードを上回るケースも見受けられます。実際に海外へ渡航する予定のある方は、外務省・厚生労働省・法務省・在外日本国大使館・JETRO・JICA・各国の政府観光局・利用予定航空会社などが発表する最新情報を必ず確認していただき、絶えず情報を修正することを強くお勧めします。理由の如何に関わらず、当サイトに掲載されている情報によって生じるいかなる損害についても、編集人および運営会社は責任を負わないものといたします。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. 日本の水際対策。日本帰国後の自宅および宿泊施設での待機期間が14日間から10日間へ短縮

  2. 【2022年版】安心・安全な海外旅行いつから可能か? 越えなければならない3つの壁

  3. 【短信】日本の水際対策、米国全土が宿泊施設待機の対象に

  4. タイ、オミクロン株の感染拡大の影響により、入国制限を強化へ

  5. 【短信】米国ハワイ州・ニューヨーク州、日本帰国後6日間宿泊施設待機地域へ指定される

  6. 日本帰国時の入国支援システム「Visit Japan Webサービス」の運用開始へ。利用方法と利便性の是非について。

よく読まれている記事

  1. 1

    日本帰国後の自宅待機(自己隔離)期間が14日間から10日間へ短縮。日本の水際対策、10月から条件付きで緩和へ。

  2. 2

    日本帰国後14日間待機(自己隔離)中の必須アプリMySOSとは? MySOSの使い方と通知時間帯について。

  3. 3

    日本の水際対策。海外から羽田国際空港へ到着時の空港検疫手続きの流れと所要時間について

  4. 4

    電子版ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)、アプリを通し二次元コード(QRコード)での表示が可能に

  5. 5

    日本帰国時の入国支援システム「Visit Japan Webサービス」の運用開始へ。利用方法と利便性の是非について。

  6. 6

    日本の水際対策。日本帰国後の自宅および宿泊施設での待機期間が14日間から10日間へ短縮

TOP