このサイトについて

このサイトについて

この旅行情報サイトは、株式会社MIDプランニングが運営しています。新型コロナウィルスの影響により、人々の自由な移動が再び活発になるまでには、まだ時間がかかりそうです。しかし、諸外国は徐々に入国規制を緩和し、外国人観光客の受け入れ再開に向けて着々と準備を進めています。このサイトでは、諸外国の入国緩和条件や航空会社情報を中心とした海外旅行情報を、旅行のプロの視点で、タイムリーにお伝えする事を目指します。

編集人プロフィール

編集人:山本弘之 (株式会社MIDプランニング 代表取締役) 宮城県仙台市出身

1981年に旅行会社へ就職してから40年。旅行業界一筋でやってきた生粋の旅行屋です。とにかく会社でじっとしているのが嫌で、コロナ前までは年に10回以上海外添乗と海外出張をこなしていました。この40年の間に、湾岸戦争(1991年)・阪神淡路大震災(1995年)・ニューヨーク同時多発テロ(2001年)・SARS(2003年)・鳥インフルエンザ(2003年)・リーマンショック(2008年)・東日本大震災(2011年)と、数々の試練が旅行業界を襲いましたが、それを乗り越えてここまでやってきました。しかし、さすがに新型コロナウィルスだけは旅行業界にとっても私にとっても未曾有の試練となりました。

でも、めげてばかりもいられません。これから迎えるウィズコロナの時代を前に、「たび」の形がどのように変化してゆくのか、専門家の目で検証して行きたいと思っています。得意なエリアは米国本土とハワイそしてタイ・フィリピン・シンガポールなどの東南アジア諸国です。中南米とアフリカは少々苦手としております。世界は広いです。

主な経歴

  • 1981年: 富士海外旅行(のちのジャパンアメニティトラベル)へ入社。レジャーツアー事業部へ配属。旅行業界の中でもとりわけ特異なホールセラー(卸売業)で海外格安航空券販売の仕組みをとことん学ぶ。時期的には成田新国際空港の開港(1978年)とジャンボジェット機の登場で大量輸送が可能になり、一大海外旅行ブームが到来する海外旅行黄金期の前夜にあたる。旅行業界全体が絶頂期を迎えるなか、毎日がお祭り騒ぎのような超多忙な日々を過ごす。(注:ジャパンアメニティトラベルはオリエントコーポレーションが出資する富士海外旅行と藤田観光の子会社である藤田トラベルサービスが合併してバブル期(1989年)に誕生した会社だが、バブル後の業績不振から後に会社解散の憂き目に遭う。編集人は解散以前の1994年に退社。)
  • 1995年~2008年: 色々と人生経験を積む。この間、独立し経営者となるが、株主と役員間の抗争に巻き込まれ辛酸をなめる。私生活では離婚あり、金銭トラブルありと、絵に描いたような悲惨な日々を送る。
  • 2009年: ㈱ミッドパックツアーズ(のちの㈱MIDプランニング)を設立。過去のしがらみを断ち切り、心機一転巻き返しを図る。私生活では、2度目の結婚をして、長女を授かる。
  • 2018年: M&Aにより、㈱セイムコーポレーションへ旅行に関する営業権を譲渡。旅行事業は㈱セイムコーポレーションへ一本化する。両社の代表取締役を兼任。
  • 2021年: 新型コロナウィルスの影響で旅行業界全体が瀕死の状況の中、㈱ミッドパックツアーズを㈱MIDプランニングと名称変更し、旅行に特化した情報発信を行うメディアカンパニーとして、WEBメディアの企画・制作・運営を行う会社に転身。40年間に渡る旅行業界での経験を基に、正確でタイムリーな情報を世界に伝えることを使命とする。

お問い合わせについて

お問い合わせについては、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。ご要望やご質問などにも出来る限りご回答させていただきます。尚、返信には2~3営業日いただいておりますので、予めご了承ください。

お問い合せ

会社概要

会社概要

最近の記事

  1. 日本の水際対策。韓国からの帰国は3日間宿泊施設待機を免除へ

  2. JALとANA燃油サーチャージ大幅値上げへ!2022年6月以降発券分の金額が確定

  3. タイ国政府観光庁、タイランドパスの取得方法をyoutubeで解説

  4. マレーシア、入国制限を解除し、外国人観光客の受け入れを再開へ

  5. 外務省、海外感染症危険情報のレベル引き下げを発表。

ランキング

  1. 1

    JALとANA燃油サーチャージ大幅値上げへ!2022年6月以降発券分の金額が確定

  2. 2

    日本帰国後の待機(自己隔離)期間中の必須アプリMySOSとは? MySOSの使い方と通知時間帯について。

  3. 3

    日本の水際対策。海外から羽田国際空港へ到着時の空港検疫手続きの流れと所要時間について

  4. 4

    韓国、外国人の受け入れ再開!隔離措置なしの入国が可能に

  5. 5

    【2022年最新版】日本の水際対策、帰国後の待機期間を大幅短縮へ。待機期間免除の条件を詳細解説。

  6. 6

    フィリピン入国時の必要書類。海外旅行保険への加入が必須条件に追加へ

  7. 7

    海外旅行中にコロナウィルスに感染もしくは感染者と濃厚接触してしまった場合の対処方法【ハワイ編】

  8. 8

    厚生労働省、日本帰国時の検疫審査簡素化の目的で、ファストトラックを導入

TOP