英文陰性証明書付きのPCR検査。往復で5万円は高いか、安いか?【編集人裏話】

編集人ブログ

国民へのワクチン接種が進む国々では、入国後の隔離政策を緩和する動きが徐々に出始めています。入国条件として挙げられるのが、ワクチン接種証明書と出発72時間前までに取得するPCR検査陰性証明書の提示です。

「たびひと」でもハワイのケースを取り上げましたが、日本で取得できるハワイ向けのPCR陰性証明書は検査費用も含めると大体3万円前後が相場のようです。また、ハワイから日本へ帰国する際もPCR陰性証明書の取得が必須になっています。ワイキキのクリニックでの検査費用と陰性証明書の発行費用合計は180ドル~200ドル前後が相場でした。

つまり、旅費以外に往路で3万円+復路で2万円、合わせて5万円以上の費用が陰性証明書取得のためだけに必要になっています。

日本でも7月下旬からワクチン接種証明書が発行される運びとなりましたが、各国の状況を見回すと「ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)」と「PCR陰性証明書」は2本立てで、その両方を求める国が大半を占めそうです。

また、日本の水際対策として14日間の自主隔離政策は当面継続されそうな気配なので、到着空港から自宅までは公共交通機関を利用せずに自家用車やハイヤー・レンタカーなどを利用する必要があります。これも居住する地域によっては結構な費用負担が生じるはずです。

ウィズコロナ時代の海外旅行は、よほどお金と時間に余裕のある人以外は難しいと言うことが分かります。これは、近場(韓国・台湾・グアム・東南アジア諸国など)との往来が可能になっても同じことが言えます。2泊3日で気軽に安く韓国ソウルへ旅行できる日は、一体いつになったら来るのでしょう? もしかすると、永遠に来ないかもしれません…。

https://www.midpac.co.jp/wp/pcr-hwi/

海外渡航情報は絶えず変化しています!

新型コロナウィルス感染状況の変化により、日本のみならず、世界中の国々が頻繁に隔離政策や出入国情報を変更・訂正しているのが現状です。当サイトでは最新の情報をお伝えするべく、日々情報の更新を行うよう努めておりますが、各国政府の政策発表がその更新スピードを上回るケースも見受けられます。実際に海外へ渡航する予定のある方は、外務省・厚生労働省・法務省・在外日本国大使館・JETRO・JICA・各国の政府観光局・利用予定航空会社などが発表する最新情報を必ず確認していただき、絶えず情報を修正することを強くお勧めします。理由の如何に関わらず、当サイトに掲載されている情報によって生じるいかなる損害についても、編集人および運営会社は責任を負わないものといたします。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. 日本の水際対策。日本帰国後の自宅および宿泊施設での待機期間が14日間から10日間へ短縮

  2. 【2022年版】安心・安全な海外旅行いつから可能か? 越えなければならない3つの壁

  3. 【短信】日本の水際対策、米国全土が宿泊施設待機の対象に

  4. タイ、オミクロン株の感染拡大の影響により、入国制限を強化へ

  5. 【短信】米国ハワイ州・ニューヨーク州、日本帰国後6日間宿泊施設待機地域へ指定される

  6. 日本帰国時の入国支援システム「Visit Japan Webサービス」の運用開始へ。利用方法と利便性の是非について。

よく読まれている記事

  1. 1

    日本帰国後の自宅待機(自己隔離)期間が14日間から10日間へ短縮。日本の水際対策、10月から条件付きで緩和へ。

  2. 2

    日本帰国後14日間待機(自己隔離)中の必須アプリMySOSとは? MySOSの使い方と通知時間帯について。

  3. 3

    日本の水際対策。海外から羽田国際空港へ到着時の空港検疫手続きの流れと所要時間について

  4. 4

    電子版ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)、アプリを通し二次元コード(QRコード)での表示が可能に

  5. 5

    日本帰国時の入国支援システム「Visit Japan Webサービス」の運用開始へ。利用方法と利便性の是非について。

  6. 6

    日本の水際対策。日本帰国後の自宅および宿泊施設での待機期間が14日間から10日間へ短縮

TOP