羽田空港・国際線ターミナル(第3ターミナル)出発フロアの今、2021秋。空港内免税店は営業中?休業中?

出入国情報(日本)

ウィズコロナ時代の旅について考えるミッドパックの旅行情報サイトです。新型コロナウィルスの影響で、人々の自由な移動が制限されてから18ヶ月以上が経過しました。東京オリンピック・パラリンピックで一時的に人の動きが活発化した羽田空港国際線ターミナルですが、その後は再び極端に減少した利用者に対して、必要最低限のサービスを提供せざるを得ない状況となっています。羽田空港国際線ターミナルの内側である出発フロアが現在どのような稼働状況になっているのか、店舗の営業状況を中心にお伝えします。(2021年9月9日現在の情報です)

TIAT DUTY FREE SHOP (空港内免税店)

「TIAT DUTY FREE SHOP」は第3ターミナル出発フロアにセントラル店、ノース店(JAL系列)、サウス・リカー&タバコ店(ANA系列)、サウス・コスメティックス店(ANA系列)の4店舗と到着階に1店舗の計5店舗があります。到着階の帰国・入国者向け店舗は現在休業中です。出国審査場を抜けた向かい側にある、一番大きな免税店がセントラル店になります。セントラル店の営業時間は、午前7時30分より午後5時までの時短営業になっています。よって、ハワイ便など夜遅い便に搭乗予定の方は、免税品の買い物に間に合いません。しかし、免税店では事前予約販売を行っています。酒・タバコ・香水など事前に品番や銘柄が分かっている免税品は、ホームページを通して事前予約を行い、出発当日に店舗で受け取ることが可能です。事前予約した場合の受取対応時間は午後10時までです。渡航の予定があり、購入する品目が決まっている方は、事前予約を行うことをお勧めします。詳細はこちらを参照してください。ノース店(JAL系列店)の営業状況については、別途こちらを参照してください。ANA系列店の営業状況は不明です。
旅客が少なく、閑散とするセントラル店。銘柄や品数・バリエーションも通常よりも絞り込んでいるとのこと。

ブランド品ブティック店舗

エルメス・ロレックス・ティファニー・グッチ・カルチェ・ブルガリなどのブティック店舗は全店休業中です。ただし、これらの店舗は来店予約を行うことにより、出発当日に商品を購入することが可能です。詳細はこちらを参照してください。なお、シャネル・フェラガモ・資生堂ブティック・UNIQLOの4店舗は来店予約対象外店舗となります。


ブランドショップは全店休業中のため、空港に華やかさがありません。

飲食店

営業中の飲食店は4店舗のみです。

  1. 甚六 Anti (お好み焼き)
  2. 夢吟坊(うどん)
  3. バーレイジ(バー)
  4. Meet Stars 29(ハンバーガー・ステーキ)

営業時間は店舗により異なります。各店舗の営業時間はこちらを参照してください。


こちらもお客さんは少なめ。

航空会社ラウンジサービス

フライトスケジュールに合わせて、航空会社のラウンジは営業中です。詳細は各航空会社のホームページをご参照ください。

  1. 日本航空 サクララウンジ
  2. 全日空 ANAラウンジ
  3. 外資系航空会社 TIATラウンジ

その他ラウンジサービス

各種クレジットカードのゴールドカード所持者用ラウンジとして、SKYラウンジが営業中です。現在、アルコール類(有料)は提供しておらず、食事類(有料)も品目が限定されています。ソフトドリンクは無料サービスです。



人が少なく、貸切状態のSKYラウンジ。

閑散とする出発フロア

現在は旅客よりも航空会社職員などの空港スタッフの姿が目立つ出発フロアです。特に日が落ちた後は閑散として照明も暗く、寂しさが漂います。この空港が賑わいを取り戻すのはいつになるのでしょうか? 復活の日が待ち遠しい今日この頃です。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. 日本の水際対策。帰国後自宅待機中の選挙投票は可能? 郵便投票で投票可能です。

  2. ANA(全日空)ハワイ路線、2021年12月~2022年1月及び年末年始のフライトスケジュール発表。

  3. 米国(アメリカ合衆国)、外国人渡航者はワクチン接種完了が入国の必須条件に。

  4. JAL(日本航空)ハワイ路線、2021年12月~2022年1月及び年末年始のフライトスケジュール発表。

  5. 免税タバコ、2021年10月1日より免税範囲(免税数量)改定。日本帰国時の免税タバコの持ち込みには注意が必要。

  6. MySOSアプリは正真正銘の「監視用」アプリです。【編集人裏話】

よく読まれている記事

  1. 1

    日本帰国後の自宅待機(自己隔離)期間が14日間から10日間へ短縮。日本の水際対策、10月から条件付きで緩和へ。

  2. 2

    日本帰国後14日間待機(自己隔離)中の必須アプリMySOSとは? MySOSとの上手な付き合い方。

  3. 3

    日本の水際対策。海外から羽田国際空港へ到着時の空港検疫手続きの流れと所要時間について

  4. 4

    日本の水際対策。フィリピンがアジア諸国で唯一の帰国後6日間宿泊施設待機指定国へ。厚労省・検疫所が待機要請該当国を改定。

  5. 5

    MySOSアプリは正真正銘の「監視用」アプリです。【編集人裏話】

  6. 6

    日本の水際対策。14日間待機要請はいつごろ緩和されるか?

TOP