ハワイ、米国本土からの渡航者数が劇的に増加。日本からの渡航者も徐々に拡大。5月・6月統計。

観光情報

ウィズコロナ時代の旅について考えるミッドパックの旅行情報サイトです。ハワイ州産業経済開発局とハワイツーリズムオーソリティは2021年5月と6月にハワイを訪問した渡航者数を発表しました。新型コロナウィルスの影響で渡航者が激減した2020年と比較すると、ハワイを訪れた渡航者は劇的に増加していますが、コロナ前の2019年と比較するとまだまだ物足りない数字です。

ハワイ観光統計一覧

<2021年5月>

渡航者居住地渡航者数2019年度対比
日本1,312人1.2%
米国西部418,956人108.0%
米国東部193,501人97.1%
カナダ564人2.1%
その他海外からの渡航者15,347人14.1%

*その他海外:主にグアム。その他にアジア・ヨーロッパ・ラテンアメリカ・オセアニア・フィリピン・太平洋諸島など

<2021年6月>

渡航者居住地渡航者数2019年度対比
日本1,859人1.5%
米国西部521,796人115.2%
米国東部247,382人103.0%
カナダ627人3.3%
その他海外からの渡航者19,390人18.0%

<<資料提供:ハワイ州観光局公式ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)>>

日本人旅行者について

  • 2021年6月にハワイへ渡航した日本人渡航者のうち、国際線で到着した人数は1,644人、米国内から国内線で到着した人数は215人でした。
  • 約95.4%の日本人渡航者は旅行会社経由ではなく、渡航者自身で旅行手配を行いました。
  • 滞在先は46.5%がホテル利用、20.8%がコンドミニアム利用、その他は知人宅・タイムシェア・レンタルホーム利用など。
  • 2021年1月~6月までの総渡航者数は7,448人(2019年対比99%減)

ハワイ旅行、今後の展望

2021年10月以降、日本航空とジップエアはハワイ便の増便を決定しました。世界に先駆けて、秋以降ハワイマーケットは徐々に復活すると航空会社や旅行会社は期待しています。しかし、現在も日本の水際対策(帰国後14日間の自宅待機)は継続中であり、コロナウィルス感染が拡大する中、当面は解除の見込みが立たない状況です。また、往路・復路で取得が必要なPCR検査陰性証明書は、総額で5万円以上の費用が必要になり、よほど時間とお金に余裕のある人以外はハワイ旅行を計画することができません。ワクチンパスポート(ワクチン接種証明書)の進展と歩調を合わせ、これらの課題を一つ一つクリアにして行かない限り、渡航者数の増加は見込めないでしょう。

ジップエア、JAL(日本航空)ハワイ路線増便へ。ハワイ路線就航各航空会社が10月以降の運航スケジュール発表。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. 日本の水際対策。帰国後自宅待機中の選挙投票は可能? 郵便投票で投票可能です。

  2. ANA(全日空)ハワイ路線、2021年12月~2022年1月及び年末年始のフライトスケジュール発表。

  3. 米国(アメリカ合衆国)、外国人渡航者はワクチン接種完了が入国の必須条件に。

  4. JAL(日本航空)ハワイ路線、2021年12月~2022年1月及び年末年始のフライトスケジュール発表。

  5. 免税タバコ、2021年10月1日より免税範囲(免税数量)改定。日本帰国時の免税タバコの持ち込みには注意が必要。

  6. MySOSアプリは正真正銘の「監視用」アプリです。【編集人裏話】

よく読まれている記事

  1. 1

    日本帰国後の自宅待機(自己隔離)期間が14日間から10日間へ短縮。日本の水際対策、10月から条件付きで緩和へ。

  2. 2

    日本帰国後14日間待機(自己隔離)中の必須アプリMySOSとは? MySOSとの上手な付き合い方。

  3. 3

    日本の水際対策。海外から羽田国際空港へ到着時の空港検疫手続きの流れと所要時間について

  4. 4

    日本の水際対策。フィリピンがアジア諸国で唯一の帰国後6日間宿泊施設待機指定国へ。厚労省・検疫所が待機要請該当国を改定。

  5. 5

    MySOSアプリは正真正銘の「監視用」アプリです。【編集人裏話】

  6. 6

    日本の水際対策。14日間待機要請はいつごろ緩和されるか?

TOP