ハワイに賭けるJALの本気度。【編集人裏話】

編集人ブログ

JALが2021年10月以降のホノルル線の増便を発表しました。今まで週2本体制だった就航本数を、羽田・成田織り交ぜて週4本へと倍増させます。日本航空系LCCのジップエアも、週1本から週2本体制へとハワイ路線を拡張します。日本航空としては、10月以降はワクチン接種完了者も増加し、それなりにハワイ路線は活発になるだろうと予測しての増便決定でしょう。

海外旅行はまだまだ制約が多く、広く一般の人が気軽に行ける環境ではありません。しかし、需要の消滅によりひたすら我慢を重ねた2020年と比べ、今年は少しずつですが、再始動させようという意気込みが航空会社からも伝わってきます。

2021年6月までの渡航者統計では、1月~6月までの6ヶ月間に7,448人の日本人がハワイを訪れました。2019年度と対比すると99%減という惨憺たる数字ですが、この数字も復活への第一歩だと思えばあとは徐々に右肩上がりになってくることを祈るばかりです。

JALの増便に呼応するように、この夏から「JALパックハワイ」もサービスを再開しました。シェラトンワイキキとモアナサーフライダーに設置していた「アロハステーション」を再びオープンさせ、日本人顧客の対応に備えます。当初の需要は少ないでしょうが、JALがスポンサーを務める恒例のホノルルマラソン(12月12日実施)や年末年始までは準備期間として、1年半の期間眠っていたスタッフを「実践モード」へ戻すつもりなのでしょう。

いずれにせよ、ハワイマーケットの復活も海外旅行全般の復活もワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の活用一つにかかってきた感があります。「前例がない」と頑迷に日本の水際対策(14日間の自宅待機要請)の見直しに言及しない、厚生労働省が最大のネックになりそうです。

首都圏や近畿・沖縄を中心としたコロナウィルス感染拡大が止まらない中、水際対策に言及することは時期尚早なことは十分承知していますが、今後ワクチン接種が加速した際は、次のステップに向けて早めの議論がなされることを望むばかりです。

ジップエア、JAL(日本航空)ハワイ路線増便へ。ハワイ路線就航各航空会社が10月以降の運航スケジュール発表。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. 日本の水際対策。帰国後自宅待機中の選挙投票は可能? 郵便投票で投票可能です。

  2. ANA(全日空)ハワイ路線、2021年12月~2022年1月及び年末年始のフライトスケジュール発表。

  3. 米国(アメリカ合衆国)、外国人渡航者はワクチン接種完了が入国の必須条件に。

  4. JAL(日本航空)ハワイ路線、2021年12月~2022年1月及び年末年始のフライトスケジュール発表。

  5. 免税タバコ、2021年10月1日より免税範囲(免税数量)改定。日本帰国時の免税タバコの持ち込みには注意が必要。

  6. MySOSアプリは正真正銘の「監視用」アプリです。【編集人裏話】

よく読まれている記事

  1. 1

    日本帰国後の自宅待機(自己隔離)期間が14日間から10日間へ短縮。日本の水際対策、10月から条件付きで緩和へ。

  2. 2

    日本帰国後14日間待機(自己隔離)中の必須アプリMySOSとは? MySOSとの上手な付き合い方。

  3. 3

    日本の水際対策。海外から羽田国際空港へ到着時の空港検疫手続きの流れと所要時間について

  4. 4

    日本の水際対策。フィリピンがアジア諸国で唯一の帰国後6日間宿泊施設待機指定国へ。厚労省・検疫所が待機要請該当国を改定。

  5. 5

    MySOSアプリは正真正銘の「監視用」アプリです。【編集人裏話】

  6. 6

    日本の水際対策。14日間待機要請はいつごろ緩和されるか?

TOP