海外旅行に必要なPCR検査陰性証明書。取得費用はいくらかかる?【2021年冬・最新版】

出入国情報(日本)

海外旅行に必要なPCR検査陰性証明書。取得費用はいくらかかる?

第6波の襲来に備えまだまだ予断を許さない今の日本ですが、各国の入国制限が緩和化されるにつれ、ビジネス出張や留学など海外旅行を計画する方が徐々に増えてきました。海外へ旅行する際には、基本的に出発の3日前(72時間前)までに英文のPCR検査陰性証明書を取得する必要があります。その陰性証明書の取得費用は一体どのくらいかかるのでしょうか?調査してみると、受診する医療機関により費用にはだいぶんバラつきがあることが分かりました。

PCR検査と陰性証明書の取得

米国を始め、日本から海外へ旅行する渡航者は、日本を出発する3日以内(72時間以内)に各国が指定する方式で、PCR検査を行い陰性証明書(英文)を取得する必要があります。この陰性証明書を取得し提示することにより、入国制限が緩和され自己隔離が免除される国が増えてきました。

PCR陰性証明書を取得するための費用はいくらかかる?

首都圏エリアの代表的な医療機関を抜粋して、PCR陰性証明書取得にかかる費用を調査しました。医療機関により金額には結構バラつきがあります。また、旅行スケジュールによっては土曜・日曜・祝祭日に検査を受ける必要が生じる場合もありますので、医療機関の休業日や陰性証明書を発行するまでの時間を確認するのも大事なチェック項目になってきます。

*以下の情報は2021年11月時点での、費用及び営業情報です。予告なく変更になる場合がありますので、費用などの諸条件は検査前に直接医療機関にお問い合わせください。なお、渡航する国によっては、その国所定の用紙が必要な場合があります。検査条件や検査期日に関しては、Tケアクリニックが詳しい情報を伝えていますので、合わせて確認してください。検査条件や検査期日の情報はこちら

空港内医療機関(羽田空港・成田空港)

1.東邦大学 羽田空港第3ターミナルクリニック

電 話050-2000-4582 (直通)
URLhttps://www.haneda.toho-u.ac.jp/international/index.html
予約受付時間全日:09:00~18:00 又は WEB予約
料 金30,000円(税込)検査料・証明書発行料を含む
検査対応日時全日(土・日・祝日を含む):09:00~11:30, 13:00~17:30 *予約制
受取時間全日(土・日・祝日を含む):08:45~11:30, 13:00~22:30
備 考検査終了後、2時間~4時間で検査結果が出る。 持ち物:パスポート・申込用紙・問診票

2.日本医科大学 成田空港クリニック・成田国際空港PCRセンター

電 話0476-34-6805 (代表)
URLhttps://www.nms-pcr.com/
予約受付時間予約は基本WEB。検査希望日前日の予約の場合は電話対応可。
料 金30,000円(税込)検査料・証明書発行料を含む(09:00~17:00)
料 金46,500円(税込)検査料・証明書発行料を含む(17:00~翌09:00)
検査対応日時<第1ターミナル>全日(土・日・祝日を含む):09:00~17:00
検査対応日時<第2ターミナル>24時間365日対応。*但し、17:00~翌9:00までの時間外検査及び事前予約が無い場合は別料金
受取時間<第1ターミナル>全日(土・日・祝日を含む):09:00~21:00
受取時間<第2ターミナル>24時間365日対応。*但し21:00~翌9:00までの時間外発行は別料金
備 考検査終了後、最短2時間で検査結果が出る。 持ち物:パスポート

都内医療機関

1.Tケアクリニック浜松町

電 話0120-985-717 (代表)
URLhttps://www.tcclinic.jp/pc/pcr/visit/
予約受付時間全日:09:00~19:00
料 金22,000円(税込)検査料・証明書発行料を含む
検査対応日時全日(土・日・祝日を含む):09:00~14:30, 15:30~19:00 *予約制 *年末年始は17時まで
受取時間全日(土・日・祝日を含む):検査翌日の17:00~19:00・メール受取の場合検査翌日の13:00~19:00
備 考持ち物:パスポート

2.品川イーストクリニック

電 話03-5783-5521 (直通)
URLhttps://izavel.com/covid19/covid19pcr/
予約受付時間平日:09:00~19:00
料 金41,800円(税込)検査料・証明書発行料を含む
検査対応日時月曜~金曜日:①09:00~11:00 ②11:00~13:00 ③14:30~17:30 土曜:10:30~13:30 *予約制 *年末年始は休み
受取時間①検査当日の17時頃 ②検査当日の18時頃 ③翌営業日
備 考持ち物:パスポート

3.西新橋クリニック

電 話03-3519-6677 (代表)
URLhttps://tramedic.com/
予約受付時間予約はWEBのみ
料 金28,600円(税込)検査料・証明書発行料を含む
検査対応日時月曜~土曜日:10:00~13:00 月・火・木・金曜:14:15~18:00 *予約制 *年末年始は休み
受取時間検査翌日の10時以降。 *日曜・祝日にあたる場合は翌営業日の10時以降
備 考持ち物:パスポート

4.聖路加国際病院

電 話03-5550-7120 (直通)
URLhttps://hospital.luke.ac.jp/guide/01_general/hawaii.html
予約受付時間平日:08:30~17:00
料 金33,000円(税込)検査料・証明書発行料を含む
検査対応日時月曜~木曜日:14:00~14:30 *祝日を除く *予約制 *年末年始は休み
受取時間渡航当日(検査日を1日目として3日目)平日:08:30~16:00, 土曜日:08:30~13:30、14:30~16:00
備 考持ち物:パスポート、問診票ホームぺージよりダウンロード)

5.東京医科大学病院

電 話03-5339-3137 (直通)
URLhttps://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/news/shinryo/20200616.html
予約受付時間平日:09:00~12:00, 13:00~16:00
料 金33,682円(税込)検査料・証明書発行料・診断書料を含む
検査対応日時月曜~金曜日及び第1/3/5土曜日:09:00~10:30 *予約制 *年末年始は休み
受取時間検査翌日の14:30以降。*日曜・祝日にあたる場合は翌営業日の11時以降
備 考持ち物:パスポート・問診票

6.日比谷クリニック

電 話03-3217-1105 (代表)
URLhttps://hibiya-clinic.com/
予約受付時間平日:10:00~13:00, 14:30~19:00
料 金36,000円(税込)検査料・証明書発行料を含む
検査対応日時月曜~金曜日:10:00~12:00, 14:30~17:00 *予約制  *年末年始は休み
受取時間検査翌日の14:30以降。*金曜日検査の場合は土曜日の11:30~12:30
備 考持ち物:パスポート

ワクチン接種を完了しても、依然厳しい日本の水際対策

海外旅行再開へ向けての最大のネックが日本帰国時の水際対策になります。ワクチン接種完了を条件に、帰国後の自宅待機期間が14日間から10日間へ短縮になりましたが、海外旅行へ行った後に10日間も会社や学校を休める人はそう多くはないのが現状です。厚生労働省が今の水際対策を緩和もしくは解除する方向へ進むのは、一体いつになるのでしょうか?まだまだ先が見通せない状況が続いています。第6波もしくは新種の変異株が海外から侵入することに備えての、厳しい措置の継続だということが伺えます。

日本帰国後の自宅待機(自己隔離)期間が14日間から10日間へ短縮。日本の水際対策、10月から条件付きで緩和へ。

日本の水際対策。ビジネス目的の日本人帰国者に対し、自宅待機期間を3日間に大幅短縮へ。

海外渡航情報は絶えず変化しています!

新型コロナウィルス感染状況の変化により、日本のみならず、世界中の国々が頻繁に隔離政策や出入国情報を変更・訂正しているのが現状です。当サイトでは最新の情報をお伝えするべく、日々情報の更新を行うよう努めておりますが、各国政府の政策発表がその更新スピードを上回るケースも見受けられます。実際に海外へ渡航する予定のある方は、外務省・厚生労働省・法務省・在外日本国大使館・JETRO・JICA・各国の政府観光局・利用予定航空会社などが発表する最新情報を必ず確認していただき、絶えず情報を修正することを強くお勧めします。理由の如何に関わらず、当サイトに掲載されている情報によって生じるいかなる損害についても、編集人および運営会社は責任を負わないものといたします。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. 日本の水際対策。フィリピンなど,宿泊施設での待機(隔離)を免除される国と地域について

  2. 日本の水際対策。オミクロン株の影響による日本人の帰国制限について

  3. フィリピン。新種の変異株(オミクロン株)出現により、日本人のビザなし入国許可の中止を発表

  4. 日本の水際対策。変異株(オミクロン株)の発生に伴い、宿泊施設待機指定対象国が増加傾向に

  5. 自宅待機期間を3日間に短縮する際の申請手続きが電子申請システムに移行。各省庁が対応可能に。

  6. オーストラリア、日本人を対象に隔離措置なしの入国を再開

よく読まれている記事

  1. 1

    日本帰国後の自宅待機(自己隔離)期間が14日間から10日間へ短縮。日本の水際対策、10月から条件付きで緩和へ。

  2. 2

    日本の水際対策。ビジネス目的の日本人帰国者に対し、自宅待機期間を3日間に大幅短縮へ。

  3. 3

    日本帰国後14日間待機(自己隔離)中の必須アプリMySOSとは? MySOSの使い方と通知時間帯について。

  4. 4

    日本の水際対策。海外から羽田国際空港へ到着時の空港検疫手続きの流れと所要時間について

  5. 5

    日本の水際対策。自宅待機期間を3日間に短縮する際の申請手続きが電子申請システムに移行

  6. 6

    日本の水際対策。変異株(オミクロン株)の発生に伴い、宿泊施設待機指定対象国が増加傾向に

TOP