安心安全な海外旅行はいつから可能か? ウィズコロナ時代の海外旅行、9月のハワイにて。【編集人裏話】

編集人ブログ

コロナ渦に見舞われた昨年3月以来、18カ月間ぶりの海外旅行の行き先は、日本人に対して世界でも最速で隔離措置なしの入国を認めたハワイになりました。来年秋実施予定の大型団体の下見と、コロナ過の1年半の間にハワイの観光産業がどう変化したのかを、確認するための渡航でした。

ホノルル滞在3日目で事前のアポイント(複数のホテルや観光業界の人達との打合せ)はみな完了し、ハワイの「今」を体感することができました。一部の飲食店は廃業し、カラカウア通りにあったTギャレリア(免税店)も撤退してしまいましたが、ハワイの本質は全く変わっていません。青い海、青い空、ハワイ特有の空気、ハワイの人達のホスピタリティ、それらは不変です。

感染拡大が止まらないハワイ州では、州知事が事実上の渡航中止勧告を出しており、9月に入ってからはアメリカ本土からの観光客もかなり減り始めました。ショッピングモールやビーチもだいぶ人が減ってきている印象です。オアフ島でも、感染対策上のルールがますます厳しくなってきており、9月13日以降の60日間は、ワクチン接種証明書が無いとレストランや劇場への入店もできなくなります。逆に言えば、感染対策がしっかりと講じられると言うことです。また、市中でのマスク着用に対する意識は、相当高いものがあります。(ビーチは例外ですが・・・。)現在でも、ABCマートやスーパーマーケット、ホテルやフードコート・レストラン・バーも含めた屋内施設では、マスクをしていない人は入場を拒絶されます。これは、お客さん同士の無防備な接触を防ぐと言うよりも、そこで働く従業員の安全を守る意識が高いためです。

感染拡大が止まらないハワイ州オアフ島。ホノルル市長が「セーフアクセスオアフ」を発令へ。

経済が先か、人命が先か。これは観光産業で成り立つハワイでも同じ課題を抱えており、州知事は大きな岐路に立たされています。ハワイ州では予約が無くても、その辺のドラッグストアで無料でワクチン接種を受けることが出来ますが、それでも州内の接種率は60%台に留まっています。4割近い島民は、いまだにワクチン接種を拒んでいる状況です。これでは感染拡大が止まらない訳ですね。これから2か月かけて、州知事とホノルル市長はこの問題を改善しようとしています。感染状況が大きく改善しないと、12月に実施予定のホノルルマラソンは中止になり、年末年始の繁忙期もロックダウンせざるを得なくなってしまいます。それだけはどうしても避けなければなりません。これから2か月間はまさに正念場です。

今回の渡航の一番の目的は、「安心・安全な海外旅行」はいつになったら可能になるのかを探ることでした。

海外旅行再開の初めの一歩は、まずは日本帰国時の水際対策が緩和もしくは解除されることです。帰国後に14日間も自宅待機できる人はそんなに多くはありません。この水際対策が緩和されない限り、観光目的の海外旅行が活性化することはあり得ません。

第二は訪問先の国や地域がしっかりしたコロナ対策を行っていることです。一番気を付けたい事は「飲食」です。マスクを外して会話をする空間が、しっかり感染対策されていることが、とても重要になってきます。

安心安全な海外旅行の大原則は、次の3点に集約されます。

  1. 「三密の回避」:混雑する場所へは行かない。キープディスタンス。密閉された空間で飲食をしない。外で遊ぶ。
  2. 「常時マスクの着用」 マスクを外しての会話や行動を極力避ける。
  3. 「手洗い・うがいの励行」 外から帰ったら、欠かさずに手洗い・うがいを習慣づける。

物事の本質は不変です。ワクチン接種を行うことにより、重症化は避けられることが分かってきた現在、感染対策の本質はこの3点に集約されるはずです。これは、今の日常生活における感染防御策と何ら変わりは有りません。感染リスクから身を守る方法は、国内でも海外でも一緒なのです。

ワクチン接種率の高まりと共に、日本国内でも今までの行動制限を緩和しようという動きが出てきました。多分、11月にはGoToトラベルも再開するでしょう。帰国後の14日間自宅待機要請も、その期間が徐々に短縮されそうです。気の早い人は、ぼちぼち海外に目を向ける時期に差し掛かっています。

今回のハワイ渡航で感じたことは、「渡航者自身が感染対策をしっかりと行って行動すれば、海外旅行は決して怖くは無い」と言うことでした。もちろんリスクはあります。でも、そのリスクを踏まえて物事を判断し、行動を起こすのは、渡航者自身なのです。ちなみに編集人は、今回コンドミニアム(ワイキキ・バニアン)に滞在し、3食自炊生活を送っております。やはり、米国人観光客に交じってレストランで食事するのは、感染リスクを考えると非常に怖いものがあります。マスクを外した状態での他者との接触をなるべく避けるべく、自炊とテイクアウトが中心の食生活になりました。ワイキキにはテイクアウト可能なレストランや店舗が数多くあるため、食事のバリエーションには事欠きません。費用も安く済みますし、自分の部屋でなら遠慮なく飲み食いできます。これも一つの感染対策です。

要は旅の「価値観」をどこに置くかで、ウィズコロナ時代の旅行が楽しいものになるか、つまらないものになるかが、決まってくるのだと思います。ハワイの「価値観」はレストランでの豪華な食事だけではないはずです。ハワイはいつでも旅人を癒してくれる包容力を秘めています。州内でのワクチン接種率が向上する(?)12月には、また大勢の観光客がハワイを訪れることになりそうです。期待と希望を込めてその日を待ちたいと思います。

具体的なホノルル滞在記は、後日改めてお送りします。それにしても、9月のホノルルは毎日良いお天気です。


関連記事

特集記事

最近の記事

  1. 日本の水際対策。帰国後自宅待機中の選挙投票は可能? 郵便投票で投票可能です。

  2. ANA(全日空)ハワイ路線、2021年12月~2022年1月及び年末年始のフライトスケジュール発表。

  3. 米国(アメリカ合衆国)、外国人渡航者はワクチン接種完了が入国の必須条件に。

  4. JAL(日本航空)ハワイ路線、2021年12月~2022年1月及び年末年始のフライトスケジュール発表。

  5. 免税タバコ、2021年10月1日より免税範囲(免税数量)改定。日本帰国時の免税タバコの持ち込みには注意が必要。

  6. MySOSアプリは正真正銘の「監視用」アプリです。【編集人裏話】

よく読まれている記事

  1. 1

    日本帰国後の自宅待機(自己隔離)期間が14日間から10日間へ短縮。日本の水際対策、10月から条件付きで緩和へ。

  2. 2

    日本帰国後14日間待機(自己隔離)中の必須アプリMySOSとは? MySOSとの上手な付き合い方。

  3. 3

    日本の水際対策。海外から羽田国際空港へ到着時の空港検疫手続きの流れと所要時間について

  4. 4

    日本の水際対策。フィリピンがアジア諸国で唯一の帰国後6日間宿泊施設待機指定国へ。厚労省・検疫所が待機要請該当国を改定。

  5. 5

    MySOSアプリは正真正銘の「監視用」アプリです。【編集人裏話】

  6. 6

    日本の水際対策。14日間待機要請はいつごろ緩和されるか?

TOP