ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)についての考察【編集人裏話】

編集人ブログ

ワクチンパスポート(ワクチン接種証明書)は、ウィズコロナ時代における海外渡航時の必須要件の一つになりそうです。

しかし、世界的な統一基準を作ろうという機運は一向に高まりません。EUのように域内で統一した基準を作ろうという動きがある一方、アメリカのように未接種者への不平等につながるという理由で、ワクチンパスポートの存在自体を否定する動きもあります。

実際のところアメリカでは、CDCが発行する接種カードを基に様々な基準の電子証明書が乱立している状態です。例を挙げると、「Clear Health Pass」「Common Pass」「VeriFLY」「IATA Travel Pass」「IBM Digital Health Pass」など多種多様なフォーマットがデジタル証明書として、アプリ化されています。飛行機に乗る場合はこれかこれ(航空会社によってアプリが異なる!)、野球場・競技場やコンサートホールへ入場する場合はこれ、ホテルへチェックインする際はこれなど、利用目的によって様々なアプリをインストールする必要があります。アメリカ人も相当混同していることでしょう。

ワクチンパスポートの一番の重要性は、その信憑性にあります。偽造証明書をいかに防ぐかに注力しなければなりません。ワクチン未接種者がモデルナの証明書を所持していたり、「シノバック」「シノファーム」接種者がファイザーの接種証明書を所持していたらパニックになってしまいます。世界的な統一基準の議論が盛り上がらない背景には、中国やロシアを交えた偽造防止システムを構築するのは不可能だと誰もが感じていることもあると思われます。

当面は国と国との信頼関係で、一つ一つ相手国のワクチン接種証明書を認証してゆくことになるのでしょう。ある意味「紙ベース」の証明書は、信憑性と権威性の観点からもある程度の期間残る可能性があります。

日本がインバウンドを復活させるためには、中国やロシアが発行するワクチン接種証明書を「信用」する必要があります。(「シノバック」「シノファーム」や「スプートニク」の有効性を「信用」する必要もあります)

日本政府がどう判断するのか、これからが見ものです。

ワクチンパスポート(ワクチン接種証明書)とは何? 海外旅行再開に向けて、今後非常に重要になる書類。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. 日本の水際対策。帰国後自宅待機中の選挙投票は可能? 郵便投票で投票可能です。

  2. ANA(全日空)ハワイ路線、2021年12月~2022年1月及び年末年始のフライトスケジュール発表。

  3. 米国(アメリカ合衆国)、外国人渡航者はワクチン接種完了が入国の必須条件に。

  4. JAL(日本航空)ハワイ路線、2021年12月~2022年1月及び年末年始のフライトスケジュール発表。

  5. 免税タバコ、2021年10月1日より免税範囲(免税数量)改定。日本帰国時の免税タバコの持ち込みには注意が必要。

  6. MySOSアプリは正真正銘の「監視用」アプリです。【編集人裏話】

よく読まれている記事

  1. 1

    日本帰国後の自宅待機(自己隔離)期間が14日間から10日間へ短縮。日本の水際対策、10月から条件付きで緩和へ。

  2. 2

    日本帰国後14日間待機(自己隔離)中の必須アプリMySOSとは? MySOSとの上手な付き合い方。

  3. 3

    日本の水際対策。海外から羽田国際空港へ到着時の空港検疫手続きの流れと所要時間について

  4. 4

    日本の水際対策。フィリピンがアジア諸国で唯一の帰国後6日間宿泊施設待機指定国へ。厚労省・検疫所が待機要請該当国を改定。

  5. 5

    MySOSアプリは正真正銘の「監視用」アプリです。【編集人裏話】

  6. 6

    日本の水際対策。14日間待機要請はいつごろ緩和されるか?

TOP