【2022年最新版】アメリカ、日本出発前のPCR陰性証明書取得を免除。日本出発時の手続き簡素化へ。

出入国情報(海外)

米国政府及びにCDC(アメリカ疾病予防管理センター)は、米国入国の際に必須条件としていたPCR検査陰性証明書の取得義務を不要とする旨発表しました。2022年6月12日午後1時1分(日本時間)以降に日本を出発する便より適用されます。

これまで、米国に飛行機で入国する2歳以上の全ての渡航者は、ワクチン接種の有無にかかわらず、米国へのフライトが出発する「1日前」に受けたPCR検査陰性証明書をチェックイン時に航空会社へ提示する必要がありました。6月12日より2回以上ワクチン接種を完了している外国人は、PCR検査陰性証明書の取得・提示が不要になります。

6月12日以降、米国入国に必要な書類・手続き

ワクチン接種証明書2回以上ワクチン接種を完了し、2回目の接種から14日以上経過したことが証明できる、市区町村が発行したワクチン接種証明書もしくはスマートフォンにダウンロードした「接種証明書アプリ」をチェックイン時に航空会社へ提示する必要があります。ファイザー・モデルナなど、米国政府が認める有効なワクチンの種類については、こちらを参照してください。18歳以上でワクチンを2回以上接種完了していない渡航者は、原則として米国へ入国することができません。(*1)
ESTA(VISA免除プログラム)日本人が観光もしくは商用目的で米国へ渡航する場合、ESTAの取得は必須要件になります。ESTAの公式サイトはこちらです。また、ESTA取得手続きの案内はこちらを参照してください。なお、5月26日よりESTA取得手数料は、14ドルから21ドルに値上がりしています。なお、ESTAの有効期限は取得から2年間です。コロナ前にESTAを取得された方は、既に有効期限が切れています。これから米国渡航を計画される方は、必ずESTAを取得するようにしてください。
コンタクトトレーシングフォーム米国行き航空機へ搭乗する際に提出を求められる書類です。この書類は、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)が管理しています。チェックイン手続きの際に、航空会社へ提出してください。コンタクトトレーシングフォームのフォームはこちらを参照してください。
宣誓書ワクチン接種を2回以上完了していることを、「宣誓」する書類です。こちらも米国行き航空機へ搭乗する際に提出を求められます。この書類も、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)が管理しています。チェックイン手続きの際に、航空会社へ提出してください。ワクチン接種が完了している方は、チェック項目[A. FULLY VACCINATED]の部分にチェックを入れ、最下段に名前・署名・搭乗日を記入すれば手続きは完了します。宣誓書のフォームはこちらを参照してください。

(*1)医学的にワクチン接種が不可能な方や緊急の渡航者でワクチン接種をうけることができない人に対して、人道的な例外措置が講じられています。詳細は、CDCの情報を参照してください。

2歳以上17歳以下の子供の場合

ワクチン接種証明書特例として、2歳以上17歳以下の子供はワクチン未接種でも米国へ入国することが可能です。ワクチン接種証明書の取得・提示は不要です。ただし、ワクチン接種を2回以上完了している場合は、念のためにワクチン接種証明書を所持することをお勧めします。
ESTA(VISA免除プログラム)大人同様に取得する必要があります。
コンタクトトレーシングフォーム大人同様に航空会社へ提出する必要があります。
宣誓書大人同様に航空会社へ宣誓書を提出する必要があります。2歳以上17歳以下の子供は、ワクチン未接種でも、米国入国は可能です。ワクチン未接種の子供は、チェック項目[D. EXCEPTIONS:(例外)]の部分で以下の宣誓をする必要があります。

  • 米国入国から3日~5日後に自主的にPCR検査を受けること。
  • 5日間自主隔離をすること(隔離中はマスク着用、他人から適切な距離を取ること。)

ただし、上記の措置は米国入国後に熱や咳などの症状が出たときに実行すればよく、義務でありません。症状が出た場合は、PCR検査や自主隔離を行いますと宣誓するのが宣誓書の役割になります。

2歳未満の子供の場合

ワクチン接種証明書ワクチン接種および接種証明書の取得は不要です。
ESTA(VISA免除プログラム)大人同様に取得する必要があります。
コンタクトトレーシングフォーム大人同様に航空会社へ提出する必要があります。
宣誓書航空会社への提出は不要です。

米国籍者・グリーンカード所持者・移民などの米国入国条件

外国人と同じくPCR陰性証明書の取得義務はなくなりました。詳細はCDCの案内を参照してください。

【2022年最新版】日本の水際対策、帰国前のPCR陰性証明書取得が不要に

海外渡航情報は絶えず変化しています!

新型コロナウィルス感染状況の変化により、日本のみならず、世界中の国々が頻繁に隔離政策や出入国情報を変更・訂正しているのが現状です。当サイトでは最新の情報をお伝えするべく、日々情報の更新を行うよう努めておりますが、各国政府の政策発表がその更新スピードを上回るケースも見受けられます。実際に海外へ渡航する予定のある方は、外務省・厚生労働省・法務省・在外日本国大使館・JETRO・JICA・各国の政府観光局・利用予定航空会社などが発表する最新情報を必ず確認していただき、絶えず情報を修正することを強くお勧めします。理由の如何に関わらず、当サイトに掲載されている情報によって生じるいかなる損害についても、編集人および運営会社は責任を負わないものといたします。

特集記事

最近の記事

  1. JALとANA、2023年8月以降の燃油サーチャージ発表。2社間の料金乖離が鮮明に。

  2. ANA羽田空港国際線、第2ターミナルの運用再開へ

  3. 米国、入国制限解除へ。ワクチン未接種者も入国可能に。

  4. 日本の水際対策、緩和から撤廃へ。ワクチン未接種者も陰性証明書不要に。

  5. JALとANA、2023年6月以降の燃油サーチャージ発表。1段階値下げへ

  6. 【2023年4月最新版】東南アジア7カ国、入国条件・検疫制限について

よく読まれている記事

  1. 1

    【2022年11月最新版】愛煙家必読!東南アジア諸国喫煙規制一覧

  2. 2

    タイ・バンコク、入国制限緩和へ。11月1日より日本人も隔離措置なしで入国が可能に。

  3. 3

    免税タバコ、2021年10月1日より免税範囲(免税数量)改定。日本帰国時の免税タバコの持ち込みには注意が必要。

  4. 4

    日本の空港。空港施設利用料の消費税区分について

  5. 5

    ANA国際線、事前座席指定をほぼ有料化へ

  6. 6

    【2022年8月最新版】海外から羽田空港へ到着時の検疫審査の流れと所要時間について

TOP