ワイキキトロリーバスが運行再開! 料金やチケット購入方法、運行状況などの最新情報。

観光情報

ワイキキトロリーバスが運行再開!

コロナ下でもいち早く外国人に門戸を開いたハワイ州ですが、ワイキキでは新型コロナウィルスの影響でレンタカーやタクシーなどの移動手段の車が極端に少なくなっており、費用がかなり高騰しています。そのような環境の中、エ・ノアコーポレーションが運行する、観光客の貴重な足である「ワイキキトロリー」は6月15日から運行を再開しました。しかし、いまのところトロリーの運行本数は通常よりも少なくなっています。 また、運行ルートにも変更が出ています。

【2021年9月1日付、内容を一部更新しました。】

トロリーラインの紹介

現在、3つの路線で運行中です。

1.ブルーライン

ワイキキ⇒ダイヤモンドヘッド⇒ハロナブローホール⇒サンデービーチ⇒シーライフパーク方面 (詳細ルートはこちら

毎日8本運行:午前8時より午後3時まで、毎時00分に起点停留所を出発

BLUE LINE

2.レッドライン

ワイキキ⇒ホノルル美術館⇒イオラニ宮殿⇒カメハメハ王像⇒カカアコ方面 (詳細ルートはこちら

毎日5本運行:午前9時、午前10時30分、正午、午後1時30分、午後3時に起点停留所を出発

3.ピンクライン

ワイキキ主要エリア⇔アラモアナ・ショッピングセンター間シャトル (詳細ルートはこちら

午前10時15分より30分おきに運行

PINK LINE

チケット代

券種大人料金子供料金(3歳~11歳)
1日券45ドル25ドル
4日券65ドル40ドル
7日券75ドル49ドル
  1. ピンクライン(アラモアナ・ショッピングセンターシャトル)単体の1日券は5ドルで入手可能です。
  2. ブルーラインもしくはレッドライン単体の1日券は各25ドル(子供は15ドルで入手可能です。
  3. 「JCBカード」をお持ちの方は、ピンクラインに限り無料で乗車することができます。(ドライバーへJCBカードを提示)

トローリーJCBカード

チケット購入方法

  1. ワイキキトローリー公式サイトより直接購入が可能です。この場合はクレジット精算になります。
  2. ワイキキトローリー・チケットブースで購入。この場合はクレジットカードもしくは現金での精算になります。チケットブースはワイキキショッピングプラザ1階正面入り口と、トローリー起点停留所の向かい側に特設ブースがあります。正面入り口のチケットブースは無人になる時間帯がけっこう目立ちます。このブースが無人の時は、停留所向かい側の特設ブースを覗いてみてください。
  3. ドライバーと乗降客の接触を避けるため、車内での直接販売は現在行っておりません。

ワイキキトロリー 公式サイト

トローリーチケット売り場

トローリー特設チケット売り場

ワイキキトローリーの起点(停留所)が変更になっています

コロナ前にはワイキキトロリーの出発・到着起点はワイキキの免税店・DFSギャレリア地下一階にありましたが、DFSギャレリアが撤退し、今はビル全体が利用できないため、出発停留場所が変更になっています。現在は、「ワイキキ・ショッピング・プラザ」のロイヤルハワイアンアベニュー側(ワイキキ・ショッピング・プラザと旧DFSギャレリアとの間の道のギャレリア側)に臨時の停留所が設けられています。

トローリーバス亭

ワイキキトロリー&エ・ノアコーポレーションの安全規約

  • 全ての車両を毎日清掃・消毒致します。
  • 一周ごと(ツアーの場合はツアーごと)に車両を消毒致します。
  • ドライバーは常にマスクを着用致します。
  • 乗客の皆様にもマスクの着用をお願い致します。
  • 消毒剤(手指用)は全ての車両に設置致します。
  • 座席数に制限をつけ、密にならないように致します。
  • 他のお客様との間隔を6フィート(約2メートル)に保って頂くようお願い致します。
  • 安全規約の記号を設置させて頂きます。
  • 現金払いは不可とさせて頂きます。
  • ドライバーによる安全規約の説明をさせて頂きます。
  • 従業員は毎日健康チェックを致します。        
  • 2021年6月に弊社のマネジメントチームは、ジョンズ・ホプキンズ大学の新型コロナウイルス (COVID-19)コンタクト・トレーシング・コースを終了し、修了書を受け取りました。

ENOA CORPORATION

(*エ・ノアコーポレーション・ワイキキトロリーホームページより抜粋)

日本の旅行会社が運行するトロリーサービスの情報

*JTBが運行する「オリオリシャトル・オリオリスニーカー」などのサービスは、2021年8月6日までの運休が発表されています。それ以降の運行情報は未発表です。

*JTBが運行する「HiBus(ハイバス)」(オリオリトロリー・電気バス・新型低床トロリーなどのトロリーサービス)は、2021年8月5日までの運休が発表されています。それ以降の運行情報は未発表です。

*HISが運行する「レアレアトローリー」は2022年3月31日まで運休する旨、ホームページ上で発表されています。

HI BUS

運休中のHiBus

ハワイ旅行いつから行ける? ハワイへ旅行するために必要な書類一覧【出発準備編】

海外渡航情報は絶えず変化しています!

新型コロナウィルス感染状況の変化により、日本のみならず、世界中の国々が頻繁に隔離政策や出入国情報を変更・訂正しているのが現状です。当サイトでは最新の情報をお伝えするべく、日々情報の更新を行うよう努めておりますが、各国政府の政策発表がその更新スピードを上回るケースも見受けられます。実際に海外へ渡航する予定のある方は、外務省・厚生労働省・法務省・在外日本国大使館・JETRO・JICA・各国の政府観光局・利用予定航空会社などが発表する最新情報を必ず確認していただき、絶えず情報を修正することを強くお勧めします。理由の如何に関わらず、当サイトに掲載されている情報によって生じるいかなる損害についても、編集人および運営会社は責任を負わないものといたします。

特集記事

最近の記事

  1. 日本の水際対策。韓国からの帰国は3日間宿泊施設待機を免除へ

  2. JALとANA燃油サーチャージ大幅値上げへ!2022年6月以降発券分の金額が確定

  3. タイ国政府観光庁、タイランドパスの取得方法をyoutubeで解説

  4. マレーシア、入国制限を解除し、外国人観光客の受け入れを再開へ

  5. 外務省、海外感染症危険情報のレベル引き下げを発表。

  6. シンガポール、入国制限を解除し、観光客の受け入れを再開

よく読まれている記事

  1. 1

    JALとANA燃油サーチャージ大幅値上げへ!2022年6月以降発券分の金額が確定

  2. 2

    日本帰国後の待機(自己隔離)期間中の必須アプリMySOSとは? MySOSの使い方と通知時間帯について。

  3. 3

    日本の水際対策。海外から羽田国際空港へ到着時の空港検疫手続きの流れと所要時間について

  4. 4

    韓国、外国人の受け入れ再開!隔離措置なしの入国が可能に

  5. 5

    【2022年最新版】日本の水際対策、帰国後の待機期間を大幅短縮へ。待機期間免除の条件を詳細解説。

  6. 6

    フィリピン入国時の必要書類。海外旅行保険への加入が必須条件に追加へ

TOP