ワイキキトロリーバスが運行再開! 料金やチケット購入方法、運行状況などの最新情報。

観光情報

ウィズコロナ時代の旅について考えるミッドパックの旅行情報サイトです。コロナ下でもいち早く外国人に門戸を開いたハワイ州ですが、ワイキキでは新型コロナウィルスの影響でレンタカーやタクシーなどの移動手段が極端に少なくなっており、特にレンタカー費用はかなり高騰しています。そのような環境の中、エ・ノアコーポレーションが運行する、観光客の貴重な足である「ワイキキトロリー」は6月15日から運行を再開しています。しかし、いまのところトロリーの運行本数は通常よりも少なくなっています。 また、運行ルートにも変更が出ています。

【2021年9月1日付、内容を一部更新しました。】

トロリーラインの紹介

現在、3つの路線で運行中です。

1.ブルーライン

ワイキキ⇒ダイヤモンドヘッド⇒ハロナブローホール⇒サンデービーチ⇒シーライフパーク方面 (詳細ルートはこちら

毎日8本運行:午前8時より午後3時まで、毎時00分に起点停留所を出発

2.レッドライン

ワイキキ⇒ホノルル美術館⇒イオラニ宮殿⇒カメハメハ王像⇒カカアコ方面 (詳細ルートはこちら

毎日5本運行:午前9時、午前10時30分、正午、午後1時30分、午後3時に起点停留所を出発

3.ピンクライン

ワイキキ主要エリア⇔アラモアナ・ショッピングセンター間シャトル (詳細ルートはこちら

午前10時15分より30分おきに運行

チケット代

券種大人料金子供料金(3歳~11歳)
1日券45ドル25ドル
4日券65ドル40ドル
7日券75ドル49ドル
  1. ピンクライン(アラモアナ・ショッピングセンターシャトル)単体の1日券は5ドルで入手可能です。
  2. ブルーラインもしくはレッドライン単体の1日券は各々25ドル(子供は15ドルで入手可能です。
  3. 「JCBカード」をお持ちの方は、ピンクラインに限り無料で乗車することができます。(ドライバーへJCBカードを提示)

チケット購入方法

  1. ワイキキトローリー公式サイトより直接購入が可能です。この場合はクレジット精算になります。
  2. ワイキキトローリー・チケットブースで購入。この場合はクレジットカードもしくは現金での精算になります。チケットブースはワイキキショッピングプラザ1階正面入り口と、トローリー起点停留所の向かい側に特設ブースがあります。正面入り口のチケットブースは無人になる時間帯がけっこう目立ちます。このブースが無人の時は、停留所向かい側の特設ブースを覗いてみてください。
  3. ドライバーと乗降客の接触を避けるため、車内での直接販売は現在行っておりません。

ワイキキトロリー 公式サイト

ワイキキトローリーの起点(停留所)が変更になっています

コロナ前にはワイキキトロリーの出発・到着起点はワイキキの免税店・DFSギャレリア地下一階にありましたが、DFSギャレリアが撤退し、今はビル全体が利用できないため、出発停留場所が変更になっています。現在は、「ワイキキ・ショッピング・プラザ」のロイヤルハワイアンアベニュー側(ワイキキ・ショッピング・プラザと旧DFSギャレリアとの間の道のギャレリア側)に臨時の停留所が設けられています。

ワイキキトロリー&エ・ノアコーポレーションの安全規約

  • 全ての車両を毎日清掃・消毒致します。
  • 一周ごと(ツアーの場合はツアーごと)に車両を消毒致します。
  • ドライバーは常にマスクを着用致します。
  • 乗客の皆様にもマスクの着用をお願い致します。
  • 消毒剤(手指用)は全ての車両に設置致します。
  • 座席数に制限をつけ、密にならないように致します。
  • 他のお客様との間隔を6フィート(約2メートル)に保って頂くようお願い致します。
  • 安全規約の記号を設置させて頂きます。
  • 現金払いは不可とさせて頂きます。
  • ドライバーによる安全規約の説明をさせて頂きます。
  • 従業員は毎日健康チェックを致します。        
  • 2021年6月に弊社のマネジメントチームは、ジョンズ・ホプキンズ大学の新型コロナウイルス (COVID-19)コンタクト・トレーシング・コースを終了し、修了書を受け取りました。

(*エ・ノアコーポレーション・ワイキキトロリーホームページより抜粋)

日本の旅行会社が運行するトロリーサービスの情報

*JTBが運行する「オリオリシャトル・オリオリスニーカー」などのサービスは、2021年8月6日までの運休が発表されています。それ以降の運行情報は未発表です。

*JTBが運行する「HiBus(ハイバス)」(オリオリトロリー・電気バス・新型低床トロリーなどのトロリーサービス)は、2021年8月5日までの運休が発表されています。それ以降の運行情報は未発表です。

*HISが運行する「レアレアトローリー」は2022年3月31日まで運休する旨、ホームページ上で発表されています。

運休中のHiBus

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. 日本の水際対策。帰国後自宅待機中の選挙投票は可能? 郵便投票で投票可能です。

  2. ANA(全日空)ハワイ路線、2021年12月~2022年1月及び年末年始のフライトスケジュール発表。

  3. 米国(アメリカ合衆国)、外国人渡航者はワクチン接種完了が入国の必須条件に。

  4. JAL(日本航空)ハワイ路線、2021年12月~2022年1月及び年末年始のフライトスケジュール発表。

  5. 免税タバコ、2021年10月1日より免税範囲(免税数量)改定。日本帰国時の免税タバコの持ち込みには注意が必要。

  6. MySOSアプリは正真正銘の「監視用」アプリです。【編集人裏話】

よく読まれている記事

  1. 1

    日本帰国後の自宅待機(自己隔離)期間が14日間から10日間へ短縮。日本の水際対策、10月から条件付きで緩和へ。

  2. 2

    日本帰国後14日間待機(自己隔離)中の必須アプリMySOSとは? MySOSとの上手な付き合い方。

  3. 3

    日本の水際対策。海外から羽田国際空港へ到着時の空港検疫手続きの流れと所要時間について

  4. 4

    日本の水際対策。フィリピンがアジア諸国で唯一の帰国後6日間宿泊施設待機指定国へ。厚労省・検疫所が待機要請該当国を改定。

  5. 5

    MySOSアプリは正真正銘の「監視用」アプリです。【編集人裏話】

  6. 6

    日本の水際対策。14日間待機要請はいつごろ緩和されるか?

TOP