ジップエア、JAL(日本航空)ハワイ路線増便へ。ハワイ路線就航各航空会社が10月以降の運航スケジュール発表。

航空会社情報

日本航空と日本航空系LCCのジップエアは2021年10月以降、ハワイ路線を増便する運行計画を発表しました。日本航空では、9月まで週2往復体制だったホノルル線を週4往復へ増便し、秋以降の需要拡大に備えます。ジップエアでは週1往復体制を週2往復体制に増便します。ここでは、この2つの航空会社の10月以降の運航スケジュールと、同じくハワイへ就航する全日空の運航スケジュールを合わせてお伝えします。

  • 【2021年9月22日付、日本航空より10~11月就航分の羽田路線減便が発表されました】
  • 【2021年9月22日付、ジップエアより10月31日以降の増便が発表されました】
  • 【2021年9月6日付、ハワイアン航空の運航スケジュールを追記しました】

現在ハワイ州では、出発72時間前に取得したPCR陰性証明書を取得すれば、到着後10日間の隔離措置が免除され、到着初日から自由に行動することが可能になっています。コロナウィルス感染拡大が止まらない他の国や地域が依然厳しい水際対策を取る中、最も早い時期に隔離措置を緩和し、外国人に対して門戸を開いたのがハワイ州になります。しかし、ワクチン接種率が60%台で頭打ちになってしまったハワイ州では感染の再拡大が進行中であり、ハワイ州知事は渡航の中止要請を行っています。この10月・11月は感染拡大を抑えるため、島外からの来訪者を極力抑え込む施策が発表され、感染者の減少を目指しています。

感染拡大が止まらないハワイ州オアフ島。ホノルル市長が「セーフアクセスオアフ」を発令へ。

フライトスケジュール(JAL)

<~10月30日まで>

便名出発空港出発時刻到着空港到着時刻就航日使用機材
74便羽田21:00ホノルル9:30火曜・金曜B787-8 (E12)
73便ホノルル11:55羽田15:55 (翌日)水曜・土曜B787-8 (E12)
便名出発空港出発時刻到着空港到着時刻就航日使用機材
784便成田20:40ホノルル9:00木曜B767 (A44)
783便ホノルル12:35成田16:20 (翌日)金曜B767 (A44)

<11月1日以降>

便名出発空港出発時刻到着空港到着時刻就航日使用機材
74便羽田21:00ホノルル9:05火曜・金曜B787-8 (E12)
73便ホノルル12:10羽田16:40 (翌日)月曜・水曜B787-8 (E12)
便名出発空港出発時刻到着空港到着時刻就航日使用機材
784便成田20:30ホノルル8:10木曜B767 (A44)
783便ホノルル12:50成田17:20 (翌日)金曜B767 (A44)

フライトスケジュール(ジップエア)

<10月1日以降>

便名出発空港出発時刻到着空港到着時刻就航日使用機材
2便成田19:15ホノルル7:55水曜・金曜B787-8
1便ホノルル9:55成田13:15 (翌日)木曜・土曜B787-8

<10月31日以降2022年3月26日まで>

便名出発空港出発時刻到着空港到着時刻就航日使用機材
2便成田19:05ホノルル7:05火曜・木曜・土曜B787-8
1便ホノルル9:05成田13:15 (翌日)火曜・木曜・土曜B787-8

*12月2日~2月26日の間、ホノルル到着6:45 ホノルル出発8:45となります。

フライトスケジュール(ハワイアン航空)

<9月7日以降10月31日まで>

便名出発空港出発時刻到着空港到着時刻就航日使用機材
822便成田19:55ホノルル8:20火曜・木曜・土曜A330-200
821便ホノルル12:25成田16:00 (翌日)月曜・木曜・日曜A330-200
便名出発空港出発時刻到着空港到着時刻就航日使用機材
450便関西空港20:45ホノルル9:55木曜A330-200
449便ホノルル14:25関西空港18:45 (翌日)火曜A330-200

フライトスケジュール(ANA)*増便の計画はありません。

<~10月30日まで>

便名出発空港出発時刻到着空港到着時刻就航日使用機材
186便羽田21:55ホノルル10:30月曜・金曜B787-9
185便ホノルル14:10羽田17:25 (翌日)火曜・土曜B787-9

<10月31日以降>

便名出発空港出発時刻到着空港到着時刻就航日使用機材
186便羽田22:15ホノルル10:15月曜・金曜B787-9
185便ホノルル13:20羽田17:35 (翌日)火曜・土曜B787-9

*当面の間、フライングホヌ(エアバス380)の就航は予定されていません。

*出発及び到着時刻、使用予定機材は予告なく変更になる場合があります。具体的な情報は航空会社へ直接お問合せください。

ハワイ旅行いつから行ける? ハワイへ旅行するために必要な書類一覧【出発準備編】

海外渡航情報は絶えず変化しています!

新型コロナウィルス感染状況の変化により、日本のみならず、世界中の国々が頻繁に隔離政策や出入国情報を変更・訂正しているのが現状です。当サイトでは最新の情報をお伝えするべく、日々情報の更新を行うよう努めておりますが、各国政府の政策発表がその更新スピードを上回るケースも見受けられます。実際に海外へ渡航する予定のある方は、外務省・厚生労働省・法務省・在外日本国大使館・JETRO・JICA・各国の政府観光局・利用予定航空会社などが発表する最新情報を必ず確認していただき、絶えず情報を修正することを強くお勧めします。理由の如何に関わらず、当サイトに掲載されている情報によって生じるいかなる損害についても、編集人および運営会社は責任を負わないものといたします。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. 日本の水際対策。日本帰国後の自宅および宿泊施設での待機期間が14日間から10日間へ短縮

  2. 【2022年版】安心・安全な海外旅行いつから可能か? 越えなければならない3つの壁

  3. 【短信】日本の水際対策、米国全土が宿泊施設待機の対象に

  4. タイ、オミクロン株の感染拡大の影響により、入国制限を強化へ

  5. 【短信】米国ハワイ州・ニューヨーク州、日本帰国後6日間宿泊施設待機地域へ指定される

  6. 日本帰国時の入国支援システム「Visit Japan Webサービス」の運用開始へ。利用方法と利便性の是非について。

よく読まれている記事

  1. 1

    日本帰国後の自宅待機(自己隔離)期間が14日間から10日間へ短縮。日本の水際対策、10月から条件付きで緩和へ。

  2. 2

    日本帰国後14日間待機(自己隔離)中の必須アプリMySOSとは? MySOSの使い方と通知時間帯について。

  3. 3

    日本の水際対策。海外から羽田国際空港へ到着時の空港検疫手続きの流れと所要時間について

  4. 4

    電子版ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)、アプリを通し二次元コード(QRコード)での表示が可能に

  5. 5

    日本帰国時の入国支援システム「Visit Japan Webサービス」の運用開始へ。利用方法と利便性の是非について。

  6. 6

    日本の水際対策。日本帰国後の自宅および宿泊施設での待機期間が14日間から10日間へ短縮

TOP