ESTA(米国ビザ免除プログラム)有効期限の確認方法

出入国情報(海外)

ウィズコロナ時代の旅について考える旅行情報サイト「たびひと」です。新型コロナウィルスの影響により、もう1年以上海外へ旅行していない人が大半になってきました。米国・ハワイを筆頭にそろそろ日本人に対して門戸を開く国が増えてきましたが、渡航を予定している人が注意しなければならないことの一つとして、パスポートやESTA(米国ビザ免除プログラム)の有効期限切れがあります。

ここでは、ESTAの有効期限が切れているか残っているかの確認方法をお伝えします。

ESTA(米国ビザ免除プログラム)とは

日本は米国のビザ免除対象国となっており、ハワイを含む米国への入国目的が観光もしくは短期商用であり、滞在日数が90日以内であれば、ビザの取得は免除されます。ただし、事前にオンラインで渡航認証許可を得る必要があります。この事前渡航認証システムがESTA(Electronic System for Travel Authorization)です。留学や長期就労で事前にビザを取得している場合、ESTAの申請は不要になります。ESTAの有効期限は取得から2年間です。また、申請時に14米ドルの申請手数料が徴収されます。ESTAを未取得のままでは空港で飛行機への搭乗を拒否されます。ESTA申請には一定の時間がかかるため、出発の3日前までに取得することが推奨されています。

ESTA有効期限の確認方法

まず、ご自身のパスポートを手元に準備してください。有効期限を確認する際に必要な事項は以下の4つです。

  • パスポート番号
  • 生年月日
  • 発行年月日
  • 有効年月日

ESTA申請画面に進みます。(手数料目当てのコマーシャルサイトが多数存在しますので、必ず以下の公式サイトから進んでください)

ESTA公式サイトURL: https://esta.cbp.dhs.gov/

公式サイトのトップページを開いたら、右上部に言語を選択する箇所があります。日本語を選択しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

右の2つの選択タブから「既存のアプリケーションを継続」⇒「個人出願」を選択しクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

「確認して続行」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

必要事項を記入するページに移ります。パスポート番号・生年月日・市民権(日本を選択)・パスポートの発行年月日と有効期限を日/月/年の順に入力します。パスポート番号入力以外の項目はタブ選択になっています。申請番号は入力する必要がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ESTAの有効期限が残っている場合は、このような画面が表示され、有効期限が表記されます。この場合、2021年9月11日まで有効なESTAを保有していることになります。言語で日本語を選択すると名前の漢字表記が出てきますが、もし名前の漢字表記が違っていても気にする必要はありません。申請ベースはあくまでも英語です。ソフトが日本語変換する際のエラーだと思ってください。

 

 

 

 

 

 

 

入力項目に誤りがある場合及び有効期限が切れている場合はこのような画面が表示されます。入力に誤りがないか再度確認して、有効期限が切れている場合は新規取得の手続きを取りましょう。(一部日本語の表現が不自然な箇所がありますが、そこはご愛敬ということで)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハワイを含む米国へ渡航する際にはESTAの取得が必須です。ワクチン接種が進み、そろそろ海外へ旅行したくてウズウズしている方も大勢いらっしゃるでしょう。この1年数カ月の空白期間中にパスポートやESTAの有効期限が切れている方も大勢いらっしゃいます。旅行の計画を立てる際には、まずは有効期限を確認しましょう。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. 日本の水際対策。帰国後自宅待機中の選挙投票は可能? 郵便投票で投票可能です。

  2. ANA(全日空)ハワイ路線、2021年12月~2022年1月及び年末年始のフライトスケジュール発表。

  3. 米国(アメリカ合衆国)、外国人渡航者はワクチン接種完了が入国の必須条件に。

  4. JAL(日本航空)ハワイ路線、2021年12月~2022年1月及び年末年始のフライトスケジュール発表。

  5. 免税タバコ、2021年10月1日より免税範囲(免税数量)改定。日本帰国時の免税タバコの持ち込みには注意が必要。

  6. MySOSアプリは正真正銘の「監視用」アプリです。【編集人裏話】

よく読まれている記事

  1. 1

    日本帰国後の自宅待機(自己隔離)期間が14日間から10日間へ短縮。日本の水際対策、10月から条件付きで緩和へ。

  2. 2

    日本帰国後14日間待機(自己隔離)中の必須アプリMySOSとは? MySOSとの上手な付き合い方。

  3. 3

    日本の水際対策。海外から羽田国際空港へ到着時の空港検疫手続きの流れと所要時間について

  4. 4

    日本の水際対策。フィリピンがアジア諸国で唯一の帰国後6日間宿泊施設待機指定国へ。厚労省・検疫所が待機要請該当国を改定。

  5. 5

    MySOSアプリは正真正銘の「監視用」アプリです。【編集人裏話】

  6. 6

    日本の水際対策。14日間待機要請はいつごろ緩和されるか?

TOP