韓国、外国人の受け入れ再開!隔離措置なしの入国が可能に

出入国情報(海外)

韓国、外国人の入国後隔離措置を免除へ

韓国政府は、全ての海外入国者に対して実施していた、入国後7日間の隔離期間を条件付きで免除する方針を発表しました。2022年4月1日より、韓国外でワクチン接種を完了した外国人も、入国後の隔離措置が免除されます。ただし、韓国政府からはまだ概要が発表されたのみで、具体的な入国条件については、不明の部分も残っています。ビジネスなどで韓国渡航を計画している方は、常に最新の情報を確認してください。

なお、パキスタン・ウズベキスタン・ウクライナ・ミャンマーの4か国は防疫上「危険度の高い国」に認定されており、隔離免除措置の除外国家に指定されています。

隔離免除での韓国入国の条件

  1. ワクチン接種を2回完了し、2回目のワクチン接種日から180日以内であること
  2. もしくは、ワクチン接種を3回完了していること
  3. パスポートの有効期限が6カ月以上あること(ビザ申請のため)
  4. 日本出発の48時間以内に検査したPCR検査陰性証明書を所持すること
  5. 入国後1日目にPCR検査の実施(受診場所・費用等の詳細は不明)
  6. 入国後6~7日目に迅速抗原検査の実施(受診場所・費用等の詳細は不明)
  7. 検疫情報の事前登録システム「Q-CODE」の入力

検疫情報登録システム「Q-CODE」とは

韓国政府は、外国人入国者の隔離措置免除の条件としてQ-CODEへの事前登録を義務化する予定です。登録必須項目は、海外でも受信可能なメールアドレス・パスポート情報・PCR検査陰性証明書情報・ワクチン接種証明書情報・健康状態質問書などになります。基本的には、韓国外で接種したワクチン接種履歴の登録が一番重要な登録項目になります。これらの情報を登録し、申請終了後にQRコードを取得する必要があります。Q-CODEの申請画面はこちらを参照してください。申請フォームは韓国語と英語バージョンのみとなります。

Q-CODE

日本人のビザなし入国は、現在認められていません

2年間に渡るコロナウィルス過で双方の国境が閉ざされていたため、大きな話題にはなっていませんでしたが、韓国へ入国するためにはビザを取得する必要があります。2020年4月以降、韓国は防疫上の入国規制強化策(水際対策)として、「短期査証効力停止」および「査証免除協定および無査証入国暫定停止」措置を実施しています。現在でも日本旅券所持者に対してはこの措置が継続中であるため、ビザを取得しなければ韓国へ入国することができません。ビザ取得に関する情報は、駐日本国大韓民国大使館のこちらの情報を参照してください。なお、観光ビザに関しては、3月現在発給が停止されており、観光目的での入国はできません。

日本は「K-ETA」の対象国から除外されています

K-ETAとは、KOREA ELECTRONIC TRAVEL AUTHORIZATIONの略で、米国の電子渡航認証システムESTA(ELECTRONIC SYSTEM FOR TRAVEL AUTHORIZATION)を手本に開発された、電子渡航認証システムになります。2021年9月より運用が開始され、韓国政府が指定する112のビザ免除国・地域からの入国者に対し、事前の電子認証手続きを義務化するシステムでした。新型コロナウィルス感染拡大の影響により、2022年1月28日にアップデートされた情報によれば、K-ETAを利用することによりビザなしで入国が可能な国と地域は50のみで、残りの62か国・地域は防疫上の理由でK-ETAの利用が暫定的に停止になっています。日本も暫定停止国の一つに含まれます。よって、韓国入国の際には面倒でもビザの申請が必要になります。K-ETAに関する詳細は、下記の大使館情報を参照してください。

(引用元:在大韓民国日本国大使館)                          

2021年9月1日から、韓国において電子旅行許可制(K-ETA)の本格運用が開始されました。

電子旅行許可制(以下、「K-ETA)とは、米国のESTA制度のように、韓国に無査証で入国が可能である国家の国民を対象に、出発前に事前にK-ETAホームページ(またはモバイルアプリ)に接続し、個人および旅行関連情報を入力して旅行許可を受ける制度です。2021年9月1日からは、K-ETAを必要とする国からの旅行者は、K-ETAを許可された旅行者のみ韓国行きの航空機に搭乗することができます。

 *なお、新型コロナウィルス感染症による入国制限措置等により、日本は引き続き本制度の対象とされておりません。韓国へ渡航するためには、原則として査証(ビザ)の取得が必要です。

(今後、日本がK-ETAの対象とされた場合は、速やかに当館ホームページにてお知らせします。)

【電子旅行許可制(K-ETA)の概要】

○ 運用期間・2021年9月1日~(本格運用)(2021年5月3日~8月31日 試験運用期間)
○ 対象国※ 2021年9月1日現在、対象は以下のとおりに限定されています。
・ 無査証で入国可能な49ヶ国の国民(注:日本は現在対象とされていません。)
・ 無査証入国が暫定停止された国(63ヶ国)の国民のうち「企業人等優先入国対象者」として認められた者
(注:手続等については、下記在日本韓国大使館ホームページを参照)
○ 申請方法出発前24時間前までに、(「K-ETAホームページ」)または「モバイルアプリ」(K-ETA)にアクセスの上、必要事項を入力して申請。結果はEメールにて送信される。
○ 有効期間許可を受けた日から2年間(注:有効期間内は繰り返し使用可能)
○ 手数料10,000韓国ウォン(日本円で約980円)

K-ETA

12歳未満のワクチン未接種の子供が同行する場合

ワクチン未接種の子供は隔離免除の対象にはなりません。ただし、満6歳未満の子供は同伴する保護者がワクチン接種を完了している場合に限り、隔離免除が適用されます。隔離免除を適用する際にはシンガポールVTL(ワクチントラベルレーン)と同一の基準を求められます。シンガポールVTLの詳細については、こちらのサイト(英語版)を参照してください。

公共交通機関の利用が可能に

日本の水際対策でも課題となっていましたが、韓国でも帰国者・入国者は電車やリムジンバスなどの公共交通機関を利用して、自宅や隔離施設へ移動することが禁じられていました。4月1日以降は、海外からの入国者も公共交通機関を利用して移動することができるようになります。

帰国時の日本の水際対策について

厚生労働省は、2022年5月17日より韓国から帰国する際の3日間宿泊施設待機を免除する旨発表しました。ワクチンを3回接種済の帰国者・入国者は、宿泊施設待機を免除され、帰国日当日から自由に行動することができるようになります。

3月以降、だいぶ緩和された日本の水際対策ですが、韓国から帰国する際には宿泊施設もしくは自宅での3日間の待機が必要になります。ワクチン接種回数が、3回もしくは2回以下で待機の条件が変わってきます。詳しくは、こちらを参照してください。

日本の水際対策。韓国からの帰国は3日間宿泊施設待機を免除へ

【2022年最新版】日本の水際対策、帰国後の待機期間を大幅短縮へ。待機期間免除の条件を詳細解説。

海外渡航情報は絶えず変化しています!

新型コロナウィルス感染状況の変化により、日本のみならず、世界中の国々が頻繁に隔離政策や出入国情報を変更・訂正しているのが現状です。当サイトでは最新の情報をお伝えするべく、日々情報の更新を行うよう努めておりますが、各国政府の政策発表がその更新スピードを上回るケースも見受けられます。実際に海外へ渡航する予定のある方は、外務省・厚生労働省・法務省・在外日本国大使館・JETRO・JICA・各国の政府観光局・利用予定航空会社などが発表する最新情報を必ず確認していただき、絶えず情報を修正することを強くお勧めします。理由の如何に関わらず、当サイトに掲載されている情報によって生じるいかなる損害についても、編集人および運営会社は責任を負わないものといたします。

特集記事

最近の記事

  1. 日本の水際対策。韓国からの帰国は3日間宿泊施設待機を免除へ

  2. JALとANA燃油サーチャージ大幅値上げへ!2022年6月以降発券分の金額が確定

  3. タイ国政府観光庁、タイランドパスの取得方法をyoutubeで解説

  4. マレーシア、入国制限を解除し、外国人観光客の受け入れを再開へ

  5. 外務省、海外感染症危険情報のレベル引き下げを発表。

  6. シンガポール、入国制限を解除し、観光客の受け入れを再開

よく読まれている記事

  1. 1

    JALとANA燃油サーチャージ大幅値上げへ!2022年6月以降発券分の金額が確定

  2. 2

    日本帰国後の待機(自己隔離)期間中の必須アプリMySOSとは? MySOSの使い方と通知時間帯について。

  3. 3

    日本の水際対策。海外から羽田国際空港へ到着時の空港検疫手続きの流れと所要時間について

  4. 4

    韓国、外国人の受け入れ再開!隔離措置なしの入国が可能に

  5. 5

    【2022年最新版】日本の水際対策、帰国後の待機期間を大幅短縮へ。待機期間免除の条件を詳細解説。

  6. 6

    フィリピン入国時の必要書類。海外旅行保険への加入が必須条件に追加へ

TOP