ハワイ渡航制限措置を緩和へ。ワクチン接種証明書の登録で米国本土からの来島を簡素化。

出入国情報(海外)

ウィズコロナ時代の旅について考えるミッドパックの旅行情報サイトです。ハワイ州では7月8日より米国本土からの渡航者(本土からハワイへ帰る島民も含むに対して、ワクチン接種完了後15日目から、PCR陰性証明書の取得を免除して、ハワイへ渡航することが可能になりました。10日間の自己隔離も免除されることになります。これには所定のフォーム(ハワイ州セーフトラベルズプログラム)に「ワクチン接種証明書」を登録する必要があります。

【ハワイ旅行いつから行ける?】ハワイへ旅行する前に必ず知っておきたいこと<出発準備編>

登録に必要なワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)とは?

アメリカでは現在、ワクチン接種を拒否する未接種者への差別につながると言う理由から、基準が統一されたワクチンパスポートというものは存在しません。利用する目的別に「クリアヘルスパス(Health Pass by CLEAR)」「コモンパス」「IATAトラベルパス」「IBMデジタルヘルスパス」など多数の接種証明書が混在している状況です。(これらはいずれもデジタル証明書です)ハワイ州の発表では、ワクチン接種証明書のことを「Proof of U.S. vaccination」と表記しています。本来「Proof of U.S. vaccination」とは、米国疾病予防管理センター(CDC)が発行するワクチンカードを意味します。しかし、実際にはハワイ州セーフトラベルズプログラムはクリアヘルスパスと連動している様子です。

日本のワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)はいつから利用できる?

まだ分かりません。しかし、実施が確定しているホノルルマラソン(12月12日)の前には日本のワクチン接種証明書も利用可能になると予想しています。日本のワクチン接種証明書は7月下旬から発行が開始されると加藤官房長官が発表しています。これがハワイ州セーフトラベルズプログラムと連動できるようになると、出発72時間前の新型コロナウィルス陰性証明書取得の手間を省くことができるはずです。また、陰性証明書取得に係る高額な取得費用も不要になるため、旅行者にとっては時間の節約とお金の節約ができる、うれしい進展になります。

いずれにせよ、もうしばらくは様子を見る必要があります。ハワイ州の発表を注意深く見守りましょう。

ワクチンパスポート(ワクチン接種証明書)とは何? 海外旅行再開に向けて、今後非常に重要になる書類。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. 日本の水際対策。帰国後自宅待機中の選挙投票は可能? 郵便投票で投票可能です。

  2. ANA(全日空)ハワイ路線、2021年12月~2022年1月及び年末年始のフライトスケジュール発表。

  3. 米国(アメリカ合衆国)、外国人渡航者はワクチン接種完了が入国の必須条件に。

  4. JAL(日本航空)ハワイ路線、2021年12月~2022年1月及び年末年始のフライトスケジュール発表。

  5. 免税タバコ、2021年10月1日より免税範囲(免税数量)改定。日本帰国時の免税タバコの持ち込みには注意が必要。

  6. MySOSアプリは正真正銘の「監視用」アプリです。【編集人裏話】

よく読まれている記事

  1. 1

    日本帰国後の自宅待機(自己隔離)期間が14日間から10日間へ短縮。日本の水際対策、10月から条件付きで緩和へ。

  2. 2

    日本帰国後14日間待機(自己隔離)中の必須アプリMySOSとは? MySOSとの上手な付き合い方。

  3. 3

    日本の水際対策。海外から羽田国際空港へ到着時の空港検疫手続きの流れと所要時間について

  4. 4

    日本の水際対策。フィリピンがアジア諸国で唯一の帰国後6日間宿泊施設待機指定国へ。厚労省・検疫所が待機要請該当国を改定。

  5. 5

    MySOSアプリは正真正銘の「監視用」アプリです。【編集人裏話】

  6. 6

    日本の水際対策。14日間待機要請はいつごろ緩和されるか?

TOP