【ハワイ旅行いつから行ける?】ハワイへ旅行する前に必ず知っておきたいこと<概要編>

出入国情報(日本)

コロナ禍で人々の自由な移動も接触も極端に制限されてから一年以上の月日が流れました。もうそろそろ旅行がしたくてウズウズしている人も多いと思います。その反面、海外旅行なんてまだまだ先の話だと諦めている人が多いのも事実です。

しかし、来週にでも観光目的でハワイへ旅行することは可能です。

自粛・自粛で鬱屈した毎日から解放されて、ハワイのバケーションを思いっきり満喫することは「可能」なのです。別ページで解説するこれだけの準備をすれば来週にでもハワイへ行くことができます。

私の知人がゴールデンウィーク前にホノルルへ飛びました。彼女の目的はただ一つ。カハラにある自分の別荘の現状を見に行くことでした。管理会社に任せているとは言え、コロナの影響で1年以上主が不在だった別荘の様子を、実際に自分の目で確かめないと気が済まなかった様子です。

  • 台風で屋根が吹き飛ばされて、寝室やリビングが雨漏りしていないか・・・。
  • ホームレスが住み着いていないか・・・。
  • ネズミやゴキブリの巣窟と化していないか・・・。
  • 置いてある車は故障していないか・・・。

別荘の様子が心配で、いても立ってもいられなくなり、彼女は単身ハワイへと旅立ちました。

彼女が今回ハワイへ渡航する際に準備した手続きはこの6つです。

  1. ハワイ州セーフ・トラベルズ・プログラムへのアカウント作成
  2. ハワイ州セーフ・トラベルズ・プログラムへの旅行情報入力
  3. 新型コロナウィルスのPCR検査陰性証明書の取得とプログラムへのアップロード
  4. プログラムを通し、健康状態に関する質問に回答
  5. プログラム上の誓約書にサインの上、QRコードを取得
  6. ESTA(米国ビザ免除プログラム)の申請(もしくは有効期限の確認)

これだけの準備をすればハワイ州が定める10日間の自己隔離を免除されて、到着初日からハワイでのリゾート生活を満喫することができます。ワクチン接種がまだ済んでいない人でも、ハワイへ旅行することが可能になります。

【ハワイ旅行いつから行ける?】ハワイへ旅行する前に必ず知っておきたいこと<出発準備編>

ただし、日本帰国後には日本の水際対策として14日間の自己隔離(自宅待機)が待っています。今のところ本当に「お金」と「時間」に余裕のある人だけがハワイのバケーションを満喫できます。

【ハワイ旅行いつから行ける?】ハワイへ旅行する前に必ず知っておきたいこと<帰国準備編>

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. 日本の水際対策。帰国後自宅待機中の選挙投票は可能? 郵便投票で投票可能です。

  2. ANA(全日空)ハワイ路線、2021年12月~2022年1月及び年末年始のフライトスケジュール発表。

  3. 米国(アメリカ合衆国)、外国人渡航者はワクチン接種完了が入国の必須条件に。

  4. JAL(日本航空)ハワイ路線、2021年12月~2022年1月及び年末年始のフライトスケジュール発表。

  5. 免税タバコ、2021年10月1日より免税範囲(免税数量)改定。日本帰国時の免税タバコの持ち込みには注意が必要。

  6. MySOSアプリは正真正銘の「監視用」アプリです。【編集人裏話】

よく読まれている記事

  1. 1

    日本帰国後の自宅待機(自己隔離)期間が14日間から10日間へ短縮。日本の水際対策、10月から条件付きで緩和へ。

  2. 2

    日本帰国後14日間待機(自己隔離)中の必須アプリMySOSとは? MySOSとの上手な付き合い方。

  3. 3

    日本の水際対策。海外から羽田国際空港へ到着時の空港検疫手続きの流れと所要時間について

  4. 4

    日本の水際対策。フィリピンがアジア諸国で唯一の帰国後6日間宿泊施設待機指定国へ。厚労省・検疫所が待機要請該当国を改定。

  5. 5

    MySOSアプリは正真正銘の「監視用」アプリです。【編集人裏話】

  6. 6

    日本の水際対策。14日間待機要請はいつごろ緩和されるか?

TOP